こんにちは、レーニです。

フランス同時テロ事件で

1歳半の息子の母親であり、

妻を亡くした フランス人ジャーナリストAntoine Leiris氏が

実行犯に宛てたメッセージをフェイスブックに投稿して

憎しみを怒りで応じない姿勢に世界中で反響をよんでいます。

パリ同時テロ1

"Ihr bekommt meinen Hass nicht

君たちは私の憎しみを得られない"



ドイツの反響は凄まじいものがあり、

その姿勢に共感を持つ人もいる中で、

IS国を全滅しない限り、テロの危険がある、

キレイ事を言ってられないとして

反感も持っている人もいます、、、。

ハー、、、

とめよう、報復の連鎖を静かな言葉で、、。

記事はこちら


 なにゆえに君はこの言葉を黙殺するの?



パリ同時テロ2



『君たちは私の憎しみを得られない』 Antoine Leiris

金曜日の夜、私の最愛の妻を、そして息子の母親である人の命を君たちは奪った。

けれど、君たちは私の憎しみを得られない。君たちが誰なのか知らないし、知る必要もない。君たちの魂は病んでいる。

無差別殺戮の名のもとに、神が自分の姿に似せて人間をつくったとしたら、
いったい、妻の体の中にある銃弾の一つ一つが神の心の傷となるのか。

それゆえに、君たちに憎しみという贈り物をあげない。
君たちは憎しみを求めたけれど、憎しみに怒りで応じることは、君たちと同じく無知に屈したことになる。

私が怖がって、周りに居る人を警戒の目で見て、身の安全のために自由を犠牲にすることを君たちは望んでいるが、
君たちの負けだ。なぜなら、私は変わらないのだから。

幾日も幾夜も待って、やっと、今朝、私は妻に対面することが出来た。彼女は先週の金曜日に出かけたときと同じくらい美しく、変わらなかった。12年以上前に激しく恋に落ちたときと同じくらいだった。美しかった。

たしかに、私は深い喪失感に打ちのめされている。
そのことで、君たちが小さな勝利を得たのを認めるが、それも長続きはしない。

妻は私たちのそばにいつもいる。
君たちが決して行くことができない自由な魂の天国で
私は妻と再び会えることを知っている。

私と息子の2人だけになったが、私たちは世界中の軍隊よりも強い。
私はこれ以上、君たちのために時間を割くことはできない。

昼寝から目を覚ます息子メルビルのそばに、私がいてあげなければならない。
生後17か月の私の息子は、いつもと同じように変わらずおやつを食べる。
そして、いつもと同じように変わらず、私たちは遊ぶ。

息子が幸せになり、自由に生き続けることだけで、君たちを辱める。
なぜなら、それは、君たちは、息子から憎しみを得られないからだ。