ワンワン、バフです

10月に
アトリエでニーナ展オープニングの時に

ニーナの友達、
その他大勢の子供達の中に
難民の子も何人かアトリエに来たんだよ

ニーナ展記事はこちら



ニーナ展難民


すごく、素直な子たちで
ワタシを
テキトーに可愛がってくれるんだ

テキトーが良いんだよ

しつっこいのは、
ワタシはキライ、、。


戦火を逃れた安堵からか
みんな、屈託のない表情をしているよ。

ところが、
なんと、

暮れの30日に
難民の10歳の男の子が脱走したんだよ

アトリエに警察の人がきて、

ビューと
机の下に隠れてしまった

ワタシ、何も悪いことしていないよ。

ニーナ展の時に
一度しか来たことなくても、
ひょっとして、
アトリエに来るかもしれないんだって、、。

なので、
暮れからお正月にかけて

アトリエに
一晩中電気をつけて

カギはかけないで
耳を澄ませて待っていたんだ

お正月だというのに

キンチョーしなくては

ならないなんて、、、トホホ、ワン

寝正月したかったのに、、。

やっとね、

ベルリンから100キロほど離れたところに
3日に保護されて
4日に無事にベルリンに戻ってきたんだ

ヤレヤレ
チョー安堵したよ

5日に
会いに出かけ、

なんで脱走したのかと
レーニが理由を聞くと

砂漠が恋しかったんだって、、、。

さばく


そりゃ、ドイツに砂漠なんてないよ

照りつける太陽だって夏以外ないんだもん

この北国ベルリン特有の
どんよりした天気って

2016初雪 (2)

ちなみに、この画像
朝の10時だよ

でもね、住めば都だよ

雪だってキレ―イなんだよ

だけど、
レーニがね

人間は本来、
生まれた国が一番良いんだって

レーニだって
郷愁の念に、
かられることがあるんだって、

絵のために、
ベルリンに居るんだけど、、

ワタシはベルリン大好きだよ

だって、だって、
まちがいなく、犬天国だもん

犬が世界一幸せな街ベルリン

ワタシはベルリンに住めて
チョー世界一幸せ!!!

あなたもこれで幸せになれるよ