ワンワン、バフです。

ベルリンは犬が世界一幸せな街!!
本当です。

ワタシもベルリンにきて
日本で入店禁止されている、
デパート、ショッピングセンター、レストラン、カフェでさえも
自由に出入りでき、
家でお留守番させられることもなく、
とっても幸せ!!

ベルリンに限らず、犬は社会の一員として、
ドイツの法律で犬の権利は守られているんだって、


これってスゴイネ。

初めて、市電に乗った時
レーニに有無を言わせず、
口輪をつけられました。
ウゥゥ、
2口輪

これにはワタシもビックリ、、、。

これはベルリン市だけの市条例で、
全犬種に対して、市電、バス、電車に乗車の際には
口輪が義務つけられているんだって、。
トホホ、、。

乗客が異口同音に
可哀想だから、口輪を外しなさいよ、

条例は見て見ぬふりだけで良いんだからと、、。
で、
3口輪なし

ヤレヤレ
ワタシは堂々と口輪なしですみました。

ノーリードで街を歩けるのは嬉しいけど、
うっかりすると、レーニを見失うことがあって、

チョッとコワイ、、。

慎重にレーニの足音を聞いて歩いているよ。

文化遺産に指定されているスターリンバウのある
カールマルクス大通りを歩きました。
カールマルクス

スターリンバウは旧東ベルリン時代に
スターリンが建てた豪壮な建物群で
旧東ベルリンの特権階級が住んでいたところです。

壁崩壊時に、
ここに住んでいた住民は皆、追われて居なくなっています。
この建物を見ていると

なんだか、特権階級、お金持ちでなくても良いね。
お金がなくたって、
小さな幸せを感じられる方が幸せ~、、。