ワンワン、バフです。

しばらくぶりの登場でーす
ワタシの画像じゃないけど、。


自由



だってね、
レーニったら
88歳になるレーニ母の介護で
ワタシに構ってくれないんだもん、。

水曜日に
ドクターが往診に来たけど

その時、
ドクターがレーニの母に向かって

「Das ist fein, dass Sie in die Frieden gehen」

訳すと、
「ステキなことに、あなたは自由へと向かっている」


ドイツ語をナタリーから習っている母は

意味を理解してニッコリ笑い、

「Danke Schön」「ありがとう」



レーニはビックリ、

もう余命がない、長くないの事を
ドイツ語で
自由へと向かっているの言葉にするなんて、。

その時はね
角カフェのベーアも居たんだけど

アっ、ベーアってね

一日おきに
レーニ母のために
スープを持ってきてくれるんだよ

レーニ母はね、
大のコーヒー党で、
ベーアのお店カフェ常連さんなんだよ

もちろん、レーニも常連だけど

ワタシも
ベーアのお店カフェ内で自由に歩き周り
他の犬が入ろうとするとダメ―と吠えるんだ
怒られるけど、、。

厨房にもワタシは出入り自由なんだぞ―

話がそれたけど
ベーアは
ドクターから

「Sie geht in die Frieden 彼女は自由へと向かっている」

の言葉を聞いてから

映画製作会社オーナーで
レーニ母の
ドキュメンタリーテレビを制作したガースナー夫人に声をかけ

なんと、なんと、
本格的日本食会を計画したっ、

ベルリンは日本人が少なく

純粋に日本人がやっている日本食レストランは
価格が高いせいもあり、
ベルリンだけで4軒ほどしかない

あとは、中国系、韓国系、ベトナム系がやっているんだ

だけどね、
日本人がやっている店って
軒並み犬禁止だもの

ワタシが入れないじゃん、だから行ったことないんだよ

ベーアとガースナー夫人が
日本人がやっている日本食レストランへ買いに出かけ

自宅でレーニが
テーブルセッテイングして待機

ワタシも窓の外を見張って
レーニに知らせたんだよ

ワオー

ちらし寿司、セイロ寿司、ホンモノ豆腐が届けられた

やっぱり違うな―

レーニの方が目の色変えて
一生懸命食べていたよ

まったくミットモナイ、、

イクラ、まぐろ、鮭など
いったい、どこで仕入れたのかと思うほど
新鮮で美味しく

ワタシは

テーブル下に居たんだけど
本格的な日本の匂いがしたな―。

ヤッパ、
レーニの作る日本まがい食とは違うなアー

なんか、こう書くと

ホンモノを探すブログの
レーニがニセモノを作っていると思われるけど
そうじゃなくてね、

純粋な日本食材がないんだよ
イタリア産日本米、
韓国産うどん、中国産ソバ、
ドイツ産キッコーマン醤油、韓国産海苔
ベトナム産豆腐、オランダ産だしの素、、。

また、話がそれたけど

日本人が作る本格的日本食で

食が細くなって、
食べられなくなっている
レーニ母は美味しいねと舌鼓、

思いのほか、たくさん食べて

元気を取り戻し、
体力がついたので、

生き返り??生き延び??

ベーアとガースナー夫人は

レーニ母が元気になって
計画は成功したと大喜び!!!


それにしても
人間の生命力って
不思議だねー

犬の生命力だって強いんだぞー
ワタシだって負けないようにする

レーニの介護はまだ続くけど
ワタシもサポートするもん、


何ごとも

諦めなければ、

あなたも明るい未来が待っている

ワンワン!!


ベーア関連記事はこちら



母関連記事はこちら



 カテゴリ