こんにちわ、レーニです。

先日、

本業の方で

個展オープニングがあり、

アトリエにテレビドキュメンタリー制作班が入りました。

satuei1.png


それだけでなく、
数日前から制作風景も撮影していたので


1時間枠のドキュメンタリーが

実に4日間にわたる撮影となり


撮影される方も撮影する方も

大変な気力と体力と忍耐が

必要なものだということを痛感、、。


何事もそうですが、

一見華やかに見える俳優業も

気力、体力、忍耐がないと勤まらない


いつもなら
オープニング時は
ワイワイガヤガヤ賑やかなのに、

マイクがあるので、

皆さん、
借りてきた猫みたいに大人しい

satuei2.png


つい、
おかしくなって
一人でクスクス笑ってしまいました。

だって、
あの大男セルゲイまで大人しいんだもの、、。

すかさず、

ベーアが
レーニに一緒に来いと目で合図をし、

レーニをトイレまで連れていき
鍵をかけて、お説教

筆談用の紙がなかったので
ゆっくりした発音で

「なにもないところで、
一人で笑わないこと」

通常のレーニは
口をへの字にしていることが多いので

「仏頂面せずに、にこやかな顔にすること」

と言われました。

判ったと言って、

トイレから出ました。


しばらくして、

アレっ、
レーニの服にマイクをはめてあったんだ
と思い出し、

ということは、

トイレでのベーアのお説教は
すべてマイクに入ってしまった、、、、
どうしよう、、、。


とたんに
レーニは
一人で大爆笑してしまいました。


ベーアがレーニを睨み、、、。

撮影班も
レーニは気が狂ったのかという風情で、、。

机下で
大人しく寝ていたバフも
尻尾フリフリ出てきて、、、。


撮影終了合図があると、


撮影班も含め、皆さん

待ちかねたように、

レーニに

いったい何を笑ったの?

トイレでの秘密のお説教が
服につけているマイクに入ってしまった

と告げると


ベーアが
顔を真っ赤にして
撮影班に
この部分はカットしてくださいと頼み、

撮影班の方は
笑いながら、
面白いので判りません、、、。


事の顛末はどうなることか

現在、編集中、、、。


それにしても
俳優業は並みの神経では勤まらない

勝手に笑えないもの、、、、。

笑うなと言われるほど、
ツラいものない???