ワンワン、バフです。

陽射が眩しいお天気だったので
スプレー川遊歩道を散歩してきました。

のどかなシュプレー川も
かっては東西に分断された悲しい過去があります。


まず、ベルリン市内を巡回する100番のバスで
Haus der Kulutur der Welt-ハウス デア クルトゥア デア ヴェルト下車

ここは両岸とも、旧西ベルリンです。
b1.jpg

ワタシは船に乗りたかったけど、
レーニが
今日は読者のために取材するからダメだって、、。

しばらく歩くと、
かって東西に分断された壁が残っています。

この壁の高さ、
何メートルあると思う?

なんと3m80cm つまり、4メートル近い壁、、、。

bmauer.jpg

ワタシはこの壁の近くに居るのは好きじゃない

なんとも言えない悲しい匂いが漂って

大好きな芝生上であっても、
走り回る気がしない

壁の手前が
旧西ベルリン、壁向こうが、旧東ベルリンです。

さらに、しばらく歩くと

b4.jpg

旧西ベルリン側にある、名もなき犠牲者の墓標と3人の墓標

たった10メートルしかない川幅なのに

対岸の旧東ベルリンの国境警備隊によって、

銃殺され、

旧西ベルリン岸まで辿りつけずに亡くなった人々


旧西ベルリンの人たちは手厚く葬ったのですが、
わすか3人を除いては、
身分証明書の類を身につけておらず、

3人の名前を記した墓標と無名の墓標、、。

壁が崩壊されたのが1989年
たった、25年ほど前の悲しい出来事

ベルリンの中心部の境界線で90人が亡くなり、
ベルリンを囲む境界線では62人が亡くなりました。

同じドイツ人なのに、東西に分断されただけで、、。

レーニを引っ張り、さらに歩きます。

やっと、ここまで6キロ
旧東ベルリンにあるモンビョー公園入り口
b6.jpg

この公園は市民の憩いの場で
ワタシは大好き。

過去を背負いつつ、

希望を捨てずに生きる。

待て、しかして希望せよ